七男 Days

40代男性・アルバイト・ひとり暮らし
自分語り
キャンドル始めた

カメヤマローソク

家にいる時間が長い私。


部屋を癒し空間にするため
北欧インテリアに取り組む。

 

まずキャンドルを始めようと
アマゾンをのぞいたが、
種類が多すぎて頭がいたくなった。

 

近所のスーパーで、
昼食弁当ついでに
定番ローソクを買った。

 

台は蚊取り線香の簡易スタンド。

 

小さいのがいっぱい入ってるのが
「とりあえず」的でいい感じがしたが、
失敗した。
10分ごとに火を移して
立て替えるのが面倒。

 

火事だけは気をつける。
目の前限定で。

 

【9.14追記】

早速アップグレード。

ダイソーで香りつきのを買ってきた。

ダイソーキャンドル

| - | 20:45 | - | - |
会話下手の飲み会アピール方法

最後に残っている料理をさっと平らげる。

 

終盤で皆おなかいっぱいで、
一同残っている料理を見ながら
「あと、誰が食べる?」的な雰囲気のときに。

 

「おっ、気が利くな」と思わせられる。

 

当日朝から何も食べないで、飲み会途中も
食べるのを控えめにしておけばよい。

 

好印象の直後を活かして、
そのまま1次会で抜けやすいという利点もある。

| - | 02:43 | - | - |
やはりご縁は薄いか・・

先日知り合いの社長と会った件から一週間。
話の中で出た案件の見積もり依頼メールがきた。
予算や納期の提示はなく、添付ファイル資料の
この部分の見積もりを頂けますか?との事。
資料をみてはあ・・・。
これだけでは、20万とも100万ともとれる。

とりあえず、資料の中からこちらの想定する見積もり範囲と機能を文章で整理。

これで認識は合ってますでしょうかと確認メールを出した。
先方には、即答できるはずの内容だが、
土日除いて3日たっても返事なし。

 

【こちらの心境】

当日…さて、どんな返事が来るか。
1日後…来るか来るか!?頻繁にメールチェック。
2日後…はやく来てくれ〜。
3日後…遅い。やる気低下。もうメール来るなよ。←今ここ。

 

返事しないで相手がどう反応するかを見ているのは確実。

またしばらく別れようか。

この件は断る方向で。

完全には切らない方向で。

 

【9.2追記】
その後若干のメールのやり取りをした。

ITの開発案件。
相談から運用保守まで一貫となるであろう作業を、
プログラム&テストだけの契約形式に持っていこうとするあちら。

それに対し信義誠実を求める私。

気づくと心理戦に引き込まれていた。

結局、ドメイン指定でメール拒否。
仕事資料、名刺は裁断処分して本件は終了。

 

【9.13追記】
ちょっと冷静になった。
今回は実質こちらからのオファーであるのと、
今後の万一の取引再開の可能性も考慮し、一応最低限の
応対はしておく。
メール拒否は土日の2日で解除。
その二日後に相手からメールが来た。
内容から拒否にはかからなかったようだ。
やはり自分本位な主張だったので、
素っ気無い返信をした。
あちらからへそまげて止めてくれれば
ありがたいと思っている。

| - | 23:17 | - | - |
信用できるのは時間

以前取引のあった会社の社長と10年ぶりに会った。
今勤めている会社に入る前、継続的に仕事をもらっていた会社だ。
この会社とは7年取引ののち、こちらが仕事を干される形で
フェードアウトとなった。
その後、転職活動。新たな会社へ勤めることになった。

 

その後干した会社とは取引先としてはもう関心はないが、
どうしているのかは興味があり、会社ホームページを時々見ていた。
ある頃から、自社製品開発、異分野との協業など、自分と取引のあったときには
なかった方面へ事業展開をするようになり、そういう面で興味深く
新着情報を随時チェックするようになった。
干された直後は負の感情が強かったものの、それらの実行力、継続力に共感。
今の会社の業務をこなしながら私もまた何か協力できれば、と思うようになった。
そんなある日、その会社ホームページが突然アクセスできなくなり、
その見れない時間が割りと長いということがあった。
メンテナンスにしては長く思えたので、これを機会にと問い合わせメールを送ってみると
「サンクス&ウエルカム」的な返信が来て、会おうという話になった。
喫茶店で1時間ぐらい、互いに近況報告。
小さい案件でもまた取引できればということで別れた。

 

話の中では昔こちらがそんなことを言ったかと思うような
小さなプライベートなことをあちらが覚えてたりして、ドキッとする場面も。
全体として相手からこちらへの思いは問題の出来事以前と
ほとんど変わらなかったのだなという感じがあった。
こちらとしてはかなりの部分が忘れられている存在と思っていたので意外だった。
一方、こちらの相手に対する心証は、
その後相手の新たなプラス情報を得ている部分はあるものの、
基本は干された感情一律で「あちらの人」感だったので、
相手からこちらへの変わらぬ態度に、「なんだそう思ってたの。はあ・・。」
という心境だった。

 

あれから一週間、まだ会社ホームページが表示されないが
どうなることか。

| - | 16:32 | - | - |
奈良 五條 吉野川 花火 2016.8.15

【河川南側の堤に上がる人物を排除】
その分前面道路が混む模様。

 

【打ち上げ地点が東よりだった】

 

【フィナーレが小さい感】
少し離れた2箇所から、従来の1箇所からと同じ打ち上げ量であげているように思えた。
(私の気のせいかもしれない)
もしそうなら1箇所からのほうが盛大でよいのではと思う。

 

【帰り、五条駅臨時列車の時刻が不親切】
和歌山方面行きの話だが、21時イベント終了で21:04発は使いにくい。
会場から駅まで混雑なしで徒歩10分なのに。
次の定期便は、7分遅れの21:37発で2両。すし詰め。
去年は頃合のいい時刻、4両で快適だった。
あと、駅員の案内が高田方面のことばかりで、和歌山方面の情報が少なく不親切。

 

【警官が終電案内】
駅から会場へ向かう時、セブンイレブンと柿の葉すしの交差点のところで、
警官と思われる人がなぜか最終列車の時刻を案内していた。
粉河をこながわと言ってた。

| - | 09:23 | - | - |
R310菊水町〜安井町交差点 往復 自転車ナイトライド

【往路】

R310菊水町 8/12 午前1:10出発。
途中、亀の甲交差点から狭山池のトイレへ寄り道。
安井町交差点 2:35着。

 

【復路】
安井町交差点・歩道橋自転車レーンを渡って、折り返し。
R310菊水町 3:45着。

 

【気づいた点】

・往路は下り坂多く、ほとんど惰性走行。
・堺市内は街灯が明々として、車・自転車・歩行者もまばらにいる。
深夜行動も安心(パトロール中の警察に怪しまれない。)
・復路、2回警察(大阪狭山市でバイク1回、河内長野市でパトカー1回)に遭遇したが、職務質問なし。
・堺市中区大野芝のauショップ、パチンコ屋がある辺り、わりと広範囲(南北200mぐらい)にわたって便臭あり。

| - | 07:09 | - | - |
旅は帰るところがあるからおもしろい

昔、休日になると一目散に遠いところへ出かけていた。
それが、家族と絶縁してから遠出がつまらなくなった。
家族と仲がよかった頃、実家の関西から北海道へ旅行へ行った際、
今、人生の中で特別な時間をすごしているという感覚があった。
それが今、どこへいても心境に変化がない。
ホームシックという概念がなくなった感じ。

| - | 08:47 | - | - |
MY 自転車ライトの角度

3m先に光スポットがくるぐらいがいい感じ。

遠くまで認識したいのと、スポット部分は明るいのがいいというのの
トレードオフで最適点をとって。

まず、400カンデラ仕様の物でそう感じた。
その後、同仕様の物を増設。
横に2つ並べ、地面にあたる光スポットが重なるように設定。
明るくなる分スポットを先に設定しようと思ったが、
その条件でも3m先がベストだった。

| - | 04:54 | - | - |
EPSON NA601E Windows10 無償アップグレード

Windows7からのアップグレード。
タスクバーのWindows10アップグレードアイコンからしようとすると、
「BIOSがサポートされていません」というエラーが出てできなかった。
BIOSの更新が必要みたいで、Windows10アップグレード対応版へ更新。
再度やっても「BIOSがサポートされていません」。
今度はWindows Update画面のボタンからアップグレードするとできた。

| - | 13:15 | - | - |
キャットアイ HL-EL140

アマゾンレビューで評判のよい標記の自転車ライトを買った。
先日の夜の峠越えに活躍したRail700標準搭載の
「ANTAREX ANT-SJ2」と性能的に同等の物という選択で。
試運転したところ、明るさ・本体の質感は同等だった。満足。

 

他、ANT-SJ2と比較して、

 

【HL-EL140が優位な点】
・単3、2本動作。
・点滅モードつき。
・安価。

# ANT-SJ2は単4、3本というのが半端で使いづらい。

 

【HL-EL140の気になった点】
・電池蓋を開けるのが初めの一回だけ硬かった。
・電池口2つのうち片方の出し入れが硬い。
・添付の電池が無名ブランド。

 

電池の出し入れの硬さはつらい。
じきに柔らかくなることを祈りながら使う。
充電式電池で運用予定なので、添付の電池は初期不良がないことを確認したら処分予定。
液漏れがこわいので。
ANT-SJ2はパナソニックの電池がついていたので、そのまま使っている。

 

このほか、HL-EL340も検討した。
こちらは電池交換のお知らせランプがついているのと、
HL-EL140より明るいハイモード搭載というメリットがある。
ただ、電池切れでストンと切れてしまうらしく、そこで不選択に。
電池切れ寸前まで同じ明るさを保つのがいいという人もいるようだが、
自分は少しづつ暗くなっていくほうが安心だ。

 

標準搭載の物とこれを並べて運用する予定。
1台でのハイ、ロー、オフ切り替えのような使い方に加え、
点灯+点滅もできる。
そして何より、1台動かなくなっても、もう一台で切り抜けられる。
2台同時に壊れたり、電池切れはありえないだろうから。


ほんと、心細かった。先日の夜の峠越え。

「帰ったら、風呂やご飯の前に予備ライトをアマゾンで発注だ!」

と思いながら早く峠を抜けるべく必死に自転車をこいでいた。

実際は意志の弱さ諸々の事情から、あれから一月たっての発注となった。

 

【2016.9.20追記】
先端に保護フイルムが貼られていた。

HL-EL140 保護フイルム

雨に降られたため、自転車から外して、
部屋干しがてら本体をさわっていたら気づいた。
これをはがすともう少し明るくなるかも。


あと、考えが変わって、
充電お知らせランプ、あった方がいい。

充電式の電池で運用しているが、
充電の手間は大したことなさそう。
だんだん暗くなっていき、いつ充電しようか
迷いながら乗り続けるほうがストレスが大きいことがわかった。

候補はHL-EL340かHL-EL540。
差し替え後、HL-EL140は防災ライトへ転用する。
エボルタでのHL-EL140点滅モード運用は
備え、非常時に威力を発揮すると思う。

| - | 23:20 | - | - |